ルール道場
ホームに戻る
  投稿 ┃表示A ┃表示B ┃検索 ┃設定 ┃RANKING  

13 / 40 ツリー    ←次へ | 前へ→

【138】守備位置 とうりすがり 2018/08/02(木) 17:15

【140】Re(2):守備位置 とうりすがり 2018/08/03(金) 13:39
【141】Re(3):守備位置 副審席 2018/08/06(月) 17:05
【148】Re(4):守備位置 おじいさん 2018/08/18(土) 22:26
【142】Re(3):守備位置 昔の高校監督 2018/08/06(月) 21:18

【140】Re(2):守備位置  とうりすがり  - 2018/08/03(金) 13:39 -

▼ソフト好きソフトさん:
>▼とうりすがりさん:
>>ちよっと失礼します。
>>1番打者はミットしか持っていない(左利き)
>> (どこでも守れる)
>>2番打者は一塁しか守れない。(右利き)
>>尚、左利き用のグラブの予備は無い。
>>
>>こういう状況の場合
>>1番ファースト(左利き)
>>2番ライト(右利き)
>>で打順表を提出し、
>>実際に守るのは
>>1番(左利き、ミット)でライト
>>2番(右利き、グラブ)でファースト
>>
>>これって可能でしょうか?
>>私は可能と思うのですが、いかがでしょうか。
>
>・・・ですが、ミットを使用できるのは捕手と一塁手のみとあります。
>したがって、ライトの守備位置につくことはできません。
前進守備のライトと、深い守備位置のミットを持った一塁手とは考えられないでしょうか。
前進守備でセンターが二塁に入るみたいなものですが。
ルールブックには守備位置の明確な定義は無かったと思いますが。

引用なし

パスワード



104 hits
・ツリー全体表示

【141】Re(3):守備位置  副審席  - 2018/08/06(月) 17:05 -

▼とうりすがりさん:
>▼ソフト好きソフトさん:
>>▼とうりすがりさん:
>>>ちよっと失礼します。
>>>1番打者はミットしか持っていない(左利き)
>>> (どこでも守れる)
>>>2番打者は一塁しか守れない。(右利き)
>>>尚、左利き用のグラブの予備は無い。
>>>
>>>こういう状況の場合
>>>1番ファースト(左利き)
>>>2番ライト(右利き)
>>>で打順表を提出し、
>>>実際に守るのは
>>>1番(左利き、ミット)でライト
>>>2番(右利き、グラブ)でファースト
>>>
>>>これって可能でしょうか?
>>>私は可能と思うのですが、いかがでしょうか。
>>
>>前進守備でライト(守備位置は一塁)が一塁のすぐ後ろにおったらそうしたこじつけもありかもしれないが、通常のライトの守備位置で内野手からの送球を一塁で捕球できるはずもない。だからいくら「守備位置に制限がない」と言い張っても私なら一塁手とは判断しませんね。守備機会があったら「不正用具の使用」を宣告します。仮想のネタにあまりつっこみたくないが、そもそも「一塁しか守れない野手」なんてありえんでしょう。

引用なし

パスワード



110 hits
・ツリー全体表示

【142】Re(3):守備位置  昔の高校監督  - 2018/08/06(月) 21:18 -

先発出場の場合は、オーダー表に守備位置を明記しますし
守備を交替の場合も、UNの誰と交替するのか伝えるので守備位置は必然的に明確になるはず・・。
どうあがいても、駄目なものはダメでしょうね。。。( ̄▽ ̄;)

引用なし

パスワード



110 hits
・ツリー全体表示

【148】Re(4):守備位置  おじいさん  - 2018/08/18(土) 22:26 -

▼副審席さん:久し振りにご意見を拝見し感慨深し。
>大リーグでは打球方向を分析し、打者によっては「三塁手が二塁ベースの右側」に位置するような極端な守備隊形をとり、二塁ベース右側でゴロを取り一塁へ送球しアウトにすると「三塁ゴロとなり、5−3」が記録されるようです。
 ⇒ソフトボールではどうなのでしょうか?
 
・ただ本問のような異例なことを当該試合を通じて行うことを「是」と認めてしまうと「打順表の守備位置を形式的なもの」とし、打順表本来の目的を逸脱する恐れが考えられます。

・相手チームの了解を得た上で当該試合の審判員の判断に任せる?
・ルールは全ての試合で同様に解釈し適用が本来でしょうが、大会の規模や目的等で多少の差異(審判員の匙加減)は必要悪。親睦が主なれば「了」となるケースでもある?

引用なし

パスワード



90 hits
・ツリー全体表示

13 / 40 ツリー    ←次へ | 前へ→
  投稿 ┃表示A ┃表示B ┃検索 ┃設定 ┃RANKING  

 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5




ホームに戻る