ルール道場
ホームに戻る

14 / 76 ツリー    ←次へ | 前へ→

【357】オレンジベースの特例について じじー 2019/07/29(月) 16:51

【371】Re(1):オレンジベースの特例について 審判一筋 2019/08/19(月) 19:07
【372】Re(2):オレンジベースの特例について 副審席 2019/08/20(火) 18:15
【373】Re(3):オレンジベースの特例について 元高校監督 2019/08/21(水) 23:17
【374】Re(4):オレンジベースの特例について 副審席 2019/08/22(木) 08:18
【375】Re(5):オレンジベースの特例について 半信半疑 2019/08/23(金) 00:45

【371】Re(1):オレンジベースの特例について  審判一筋  - 2019/08/19(月) 19:07 -

▼じじーさん:
>早速ですが教えてください。
>
>先日の試合で打者が投手と捕手の間へ小飛球。
>捕手がフェアにしようと前に出てワンバウンドではじきました。
>それをフェアゾーンで拾った投手が、一塁へ送球するも右(ファールゾーン)側へ悪送球。
>ファールゾーンで捕球した一塁手がオレンジベースを踏みましたが、これはアウトになるのでしょうか?
>
>一塁ベース上のプレーの特例として、「1塁側ファールゾーンでのプレーは守備側、打者走者ともどちらのベースを踏んでもよい(うろ覚えですが)」とありますが、今回のケースもそれに該当するのでしょうか?
>
>守備側は、「1塁手が捕球した場所は1塁側ファールゾーンなので、特例の適応でアウトは成立する。」と言ってましたが、それでは内野ゴロで悪送球になった場合も、1塁手がファールゾーンで捕球すれば全て特例の範囲になるのでしょうか?
>
>詳しい方がいらしたら教えてください。


守備者は白
走者はオレンジ
ファール地域からの送球はオレンジOk
走者も白Ok

ファール地域のプレーは振り逃げとか
弾いてファール地域から送球など

今回の場合は走者がオレンジを踏めない状況なら走塁妨害

一塁手の捕球位置ではありません

この前実際にあったケース

ショートゴロ

送球がそれ一塁手はオレンジベースを踏んで捕球

走者は白ベースを踏んで通過

塁審判定なし

走者戻ってオレンジと白ベース踏んで塁審セーフの判定

走塁妨害をとらず成り行きでした。

審判も選手もルールを勉強しなければなりませんね

引用なし

パスワード



116 hits
・ツリー全体表示

【372】Re(2):オレンジベースの特例について  副審席  - 2019/08/20(火) 18:15 -

【特例】は「守備者がオレンジベースを使用してしている時は打者走者はフエアー地域を走ることができる」が数年後追加されただけ。

送球が逸れオレンジベース上で確捕したり、さらにフアール地域で確捕後オレンジベースに触れるプレーも「一塁側のフアール地域からのプレー」と解釈する例があったため、伝達等で「あくまでも二次的プレーの時」と伝えられた。

フエアー地域からの送球で、送球がそれたため守備者がオレンジ、打者走者が白を触塁したとしても守備者が故意でなければ走塁妨害を適用することはない。両者とも正規の塁に触れていないから(打者走者は空過)、審判はノージャッジ。走者が白べースに戻るのが早いか(オレンジベースではない)、守備者のアピールが早いかで判断します。

引用なし

パスワード



104 hits
・ツリー全体表示

【373】Re(3):オレンジベースの特例について  元高校監督  - 2019/08/21(水) 23:17 -

スレ主さんから「Aまた、ルール改正で変わったのだとしたら、何年度の改正だったかご存知でしょう」というご質問です。
私の記憶もあやふやなものですから・・。

引用なし

パスワード



89 hits
・ツリー全体表示

【374】Re(4):オレンジベースの特例について  副審席  - 2019/08/22(木) 08:18 -

▼元高校監督さん:
>スレ主さんから「Aまた、ルール改正で変わったのだとしたら、何年度の改正だったかご存知でしょう」というご質問です。
>私の記憶もあやふやなものですから・・。

ですからルール自体は何らかわっていないのです。
違う解釈を伝達等で正しただけ。
その年度までは昔の伝達資料を探さないとわからない。

引用なし

パスワード



99 hits
・ツリー全体表示

【375】Re(5):オレンジベースの特例について  半信半疑  - 2019/08/23(金) 00:45 -

横から失礼。オレンジベース採用は一塁上での衝突事故回避のためと承知してます。
フェアゾーンからの送球が逸れたり、一塁での捕球ミスなど守備側のミスで生じた二次的プレーで衝突の恐れがある場合は、守備側が責任で衝突事故回避行動をするべきである。
それを一塁側ファールゾーンからの一次的プレーでの送球と同等に扱うのは、守備側に不当利益を与え、結果的に攻撃側に不利益をもたらせる恐れがあり、ルールによっての不公平が生じてしまう。(ルールが守備側のミスを助けてよいのだろうか!)
ルールの勉強&研究は大いに結構、大いに賛成、大いに推奨しますが、時にはルールを難しくしてしまう傾向があるように感じてしまう方も見受けられます。
このケースでは副審席様のご意見の通りに解釈すべきで、日本協会が統一解釈をしたならば、グランドでその通り適用すればいいのであって、統一解釈した年月までは不用と思います。
何故ならば、ルールは守備側のミスをもカバーしない、してはならないからオレンジベース採用時からこの原則の元に最初から解釈されていたと思うからです。

引用なし

パスワード



93 hits
・ツリー全体表示

14 / 76 ツリー    ←次へ | 前へ→

 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5




ホームに戻る