ルール道場
ホームに戻る

128 / 342     ←次へ | 前へ→

【215】Re(4):テンポラリーに関して  半信半疑  - 2019/01/18(金) 17:22 -

▼いつもドキドキさん:
>いつも勉強させていただいております。
>横から失礼します。
>
>2017年伝達講習会資料
>
>テンポラリーランナーは、ランナーとなっているが
>走者としての扱いはしない
>
>テンポラリーランナーは代走ではないので
>テンポラリーランナーに代走等を使うことはできない。
>
>上記の文言があります。

【テンポラリーランナーは代走ではないので
>テンポラリーランナーに代走等を使うことはできない。】は、
 例えば、テンポラリーランナーが1塁走者で「五番ライト山田」だった時に
次打者の四球で2塁走者となり監督が得点機会があると「五番ライト山田」を試合から退かせて俊足の控え選手である「森田」に代えることは出来ない。と解釈するが故に『テンポラリーランナーの適用についての確認(3)にテンポラリーランナーはランナーとなっているが走者としての扱いはしない』(記録上だけでなく)とあるものと思います。
 テンポラリーランナーを送られた「(正規の走者である)捕手が試合から退いて」の代走「森田」であれば、4-7項プレイヤーの交代の規定が適用されるものと思います。

スポーツ競技に於ける試合とは「自チームの勝利のために全力を尽くす」です。その為に「戦術」があり、その戦術で最も重要なのが「指揮官の選手起用」です。前にも書きましたが、監督の選手起用という重要な戦術を制限するのであれば「はっきりした条文」が必要で「審判員の上の方が言っている」程度で制限してはならないと思います。仮に「審判員の上の方が言った」のであれば、参加料を取っている試合を担当する審判員は「その根拠を」はっきり質問すべきであります。根拠もはっきりわからずに試合で「否定」するのは怠慢であると「参加料を支払ってソフトボールをする者」として感じます。

自分はテンポラリーランナー適用時に「どんな形でも選手交代を認めない」のであればオフィシャルルールのどの条文をどのように解釈してのことか、お示し頂きたい、と言っているだけで、それがお示し頂ければ「テンポラリーランナー適用時にどんな形でも選手交代を認めない」に異論はありません。


引用なし

パスワード



148 hits
・ツリー全体表示

【176】テンポラリーに関して 初心者 2018/11/15(木) 23:16
【177】Re(1):テンポラリーに関して 副審席 2018/11/16(金) 22:21
【178】Re(2):テンポラリーに関して 半信半疑 2018/11/28(水) 23:19
【180】Re(3):テンポラリーに関して 爺さん 2018/11/29(木) 21:32
【184】Re(1):テンポラリーに関して だいきち 2018/12/03(月) 20:43
【206】Re(1):テンポラリーに関して 半信半疑 2018/12/20(木) 10:50
【208】Re(2):テンポラリーに関して 副審席 2018/12/20(木) 21:56
【210】Re(3):テンポラリーに関して 半信半疑 2018/12/27(木) 12:31
【211】Re(4):テンポラリーに関して 副審席 2019/01/01(火) 20:50
【214】Re(5):テンポラリーに関して 議論好き 2019/01/17(木) 20:10
【209】Re(1):テンポラリーに関して 初心者 2018/12/20(木) 21:57
【212】Re(2):テンポラリーに関して そこそこ審判 2019/01/05(土) 15:49
【213】Re(3):テンポラリーに関して いつもドキドキ 2019/01/07(月) 11:46
【215】Re(4):テンポラリーに関して 半信半疑 2019/01/18(金) 17:22
【216】Re(5):テンポラリーに関して いつもドキドキ 2019/01/19(土) 23:00
【217】Re(6):テンポラリーに関して 半信半疑 2019/01/24(木) 09:35
【238】Re(7):テンポラリーに関して だいきち 2019/03/19(火) 21:13
【239】Re(8):テンポラリーに関して 父母会審判部 2019/03/21(木) 15:20
【240】Re(9):テンポラリーに関して 半信半疑 2019/03/22(金) 23:00
【241】Re(10):テンポラリーに関して 審判員 2019/03/23(土) 00:53

128 / 342     ←次へ | 前へ→

 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5




ホームに戻る