ルール道場
ホームに戻る

2 / 421     ←次へ | 前へ→


▼半信半疑さん:
>2死走者二塁、三遊間の三塁寄りに緩いゴロ、三塁手のグラブの下(グラブに当たったという者もいた)をくぐった打球に二塁走者が触れた。直後に球審がアウトをコール。
>監督が打球が内野手を通過した後で当たった、と抗議。球審「カバーしていた遊撃手に守備機会があった」と主張。
>打球に対する走者の守備妨害は、一度目の守備機会(三塁手)を守備者がミスしても二度目の守備機会(遊撃手)を優先させるものでしょうか。
>内野手を通過という意味ともどもお教え願います。
>自分の解釈では守備妨害ではないと思いますが、百歩譲ってもこのような微妙なプレーは、流しておき、プレーが止まったら審判協議が良いのでは、と思います。一旦下した判定を覆すことは相手チームが不利益を被ることになりトラブルの元になるため、正当化するための理屈を考え、その理屈が問題を複雑化させるのでプレーが止まる迄流すべきと思います。選手も審判員もソフトボールを愛好するアマチュア、完璧は望みませんので。審判有資格者の方々はどうお思いですか。

同じ妨害行為なのになぜ攻撃側と守備側で処理が違うのか。
攻撃側は妨害を受けても次の塁に進める場合も有りうる(ディレードデッドボール)。
いわゆるアドバンテージを見ているわけです。プレーを止めるより
妨害を受けた側が利を得る機会があるのでそのまま流す。
プレーが止まった時点で判断します。

だが守備側が妨害を受けた時にはその後流しても何ら守備側に利はない。
無論、妨害がなければ二つ目、三つ目のアウトが取れる時もあるが、
ルールブックに「8-6項11(注1)でフォローしています。

守備妨害か走塁妨害かの判断で迷う審判員はいないと思いたい。


引用なし

パスワード



60 hits
・ツリー全体表示

【418】打球が走者に当たった時の守備機会とは 半信半疑 2019/11/03(日) 21:34
【420】Re(1):打球が走者に当たった時の守備機会とは 副審席 2019/11/25(月) 20:50
【421】Re(2):打球が走者に当たった時の守備機会とは 半信半疑 2019/11/25(月) 22:24

2 / 421     ←次へ | 前へ→

 
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5




ホームに戻る