[掲示板に戻る] [一覧表示に戻る] [新着表示に戻る] [ツリー表示に戻る] []  [前画面に戻る]

ソフトボールルール道場

- 記事No. 8937 の全体表示です。返信フォームから返信出来ます。 -

【親記事】
指名打者について
勉強中 : 2016/08/18(Thu) 10:36 No.8937
投稿回数:7回/−

FPが投手と仮定しますと、DPは投手を兼ねることができるということです。この場合、FPは試合から退くことになり、選手は10人→9人となります。
例えば四番・DPのA選手はFPではない二番・二塁手B選手の守備を兼ねることもできるということです。
では、ここでちょっと考えてください。二番の打撃は誰がするのでしょうか?
答えは、二塁手であったB選手です。つまり、B選手はベンチには退きますが、打撃は継続することになります。そうしなければ打順に穴が開いてしまいます。このような選手のことを打撃専門選手(=OPO)と言い、試合には出ている状態です。

B選手を二塁に戻し(兼務を解除)、DPのA選手を七番・ライトのC選手の守備につかせる、更に次の回に、C選手をライトに戻し、A選手を一番・センターのD選手の守備につかせるというように、何度でもできます。A選手は試合から退いていませんので再出場ではありません。また、ライトのC選手、センターのⅮ選手も試合からは退いておらず、守備位置に戻っても再出場ではありません。例は極端ですが、このようなこともできるということを理解してください。

B選手を二塁に戻してからの文書が理解できません。

どなたか、簡単に説明お願いします。
[返信]
[修正]

【レス記事】新しいレスから表示
Re: 指名打者について
細川 : 2016/08/31(Wed) 15:56 No.8943
投稿回数:237回/解説者

質問が……
何言ってるのか?
何が聞きたいのか?

もう一度(文章を)整理して
質問した方が良さそうですね……。
[返信]
[修正]


返信フォーム
投稿にはパスワードが必要です。

修正・削除
NO: PASS:

[標準/一覧/新着/ツリー]  []