[掲示板に戻る] [一覧表示に戻る] [新着表示に戻る] [ツリー表示に戻る] []  [前画面に戻る]

ソフトボールルール道場

- 記事No. 8984 の全体表示です。返信フォームから返信出来ます。 -

【親記事】
走塁妨害とアピールプレイ
しんちゃん : 2016/10/17(Mon) 12:03 No.8984
投稿回数:19回/SBE推薦人級

無死一塁・二塁。打者走者はレフトフライを打ち上げた。
左翼手が捕球したとき二塁走者は離塁しており帰塁せず
三塁に向かった。その時、走塁上に居た遊撃手と接触した
が三塁に到達した。

・二塁返球しアプールプレイすれば二塁走者はアウトになるのか?
・走塁妨害をとり二塁走者の三塁進塁を認めるのか
・一塁走者の扱いは?
・ディレードデッドボールを出す、出さないで対処が変わりますか?
[返信]
[修正]

【レス記事】新しいレスから表示
Re: 走塁妨害とアピールプレイ
副審席 : 2016/10/17(Mon) 17:42 No.8985
投稿回数:653回/解説者

走塁妨害を受けた走者はその塁間ではアウトにならない。

ただしそれは他の違反(空過やタッチアップの早過ぎへのアピール)を取り消すものではない。正しいアピールをすれば二塁走者はアウトになります。
[返信]
[修正]
Re: 走塁妨害とアピールプレイ
補欠審判員 : 2016/10/17(Mon) 21:44 No.8986
投稿回数:606回/解説者

副審席さんがお答えを出しているので、いつもの蛇足でいくつかの例を説明しましょう。

@走塁妨害をうけた2塁走者が、その塁間でタッグ等によりアウトになった時
→アウトになった時点でボールデッド、妨害をうけた走者および他の走者は審判員の判断により妨害がなければ達していたと思われる塁への安全進塁権。

A走塁妨害をうけた2塁走者がアウトになることなく次塁へ達した時
→成り行き

@、Aの場合とも、2塁走者のタッチアップが早く、守備側からアピールがあればそれを認め2塁走者アウト。

ディレードデッドボールのコール及びジェスチュアなしについては、審判員のミスですね。
協議でもして、素直にミスを認めるしかないでしょう。
当該審判員が走塁妨害ではないと認めたのならばそのまま成り行きとなるのでしょうが、守備機会もなく、球を持っていない野手と走者が接触をしているわけですから走塁妨害です。
[返信]
[修正]
[→8984] Re: 走塁妨害とアピールプレイ
なぎなぎ : 2016/10/17(Mon) 23:45 No.8987
投稿回数:1回/−

ふと気になったので便乗して質問します。
無死二塁でレフトフライが上がったが二塁走者が飛び出し、左翼手が捕球後慌てて二塁に帰塁しようとした途中で遊撃手と接触した。

・帰塁よりも送球のほうが早く二塁にわたったとして、接触がなければ明らかに送球より早く帰塁ができたと思われるケース

・帰塁よりも送球のほうが早く二塁にわたったとして、接触がなくても明らかに送球のほうが早かったと思われるケース

・二塁へ帰塁後タッチアップを試みたが三塁到達前にタッチされたケース

以上3点、よろしくお願いします。
[返信]
[修正]
Re: 走塁妨害とアピールプレイ
細川 : 2016/10/18(Tue) 09:11 No.8988
投稿回数:243回/解説者

走塁妨害を受けた走者はその塁間ではアウトにならない。

この文章に当てはめれば解決します。

[返信]
[修正]


返信フォーム
投稿にはパスワードが必要です。

修正・削除
NO: PASS:

[標準/一覧/新着/ツリー]  []